γGTPが高い!他の数値はどうなの?

毎年、健康診断の時季がくると減らしたいアルコール!

君はアルコールは好きかい?

私は大好きです。

 

いつもね、今日は休肝日だと朝誓うんだ・・

でも、夕方になると決心はどこへやら?

相変わらず飲んじゃうね(汗

 

 


ツマミが美味いと言ってはもう一杯飲み、

まだ、お腹が減っている・・・気持ち足らないと言っては

食べて、また飲んでを繰り返すんだよね~

 

 


特に出張に行ったときは

旅行気分と解放感でいつもの量よりはるかに

アルコールを飲んでるかな?

 

 


でも、気になるのは健康診断

だいたいが毎年  γGTPでひっかかる。


基準値が男性の場合  60IU/l以下

1日、2日じゃ浄化されないし・・

1カ月抜かないと完全には浄化されないと聞いたことあるね。

 

 


じゃ・・休肝日を週に2日設けても駄目ってことかい?

年齢も重ね、責任ある役職につくとストレスがたまるし、

飲む!!

だからよけいにγGTPは上がりっぱなしか・・

 

 


GOTとかGPTとか、LHD、

悪玉とか善玉とか

聞きなれない言葉が増えてきた

GOTは8~40が基準値  急性肝炎になるとこの数値が急上昇。

GPTは6~35が基準値  急性肝炎で最も強く上昇し、慢性肝炎や脂肪肝(肥満)などでも上昇。
激しい運動の後に一過性の上昇がみられることがある。

LDHは106~230が基準値  肝臓病、種々の癌(ガン)で高値。

CHEは186~406が基準値0 脂肪肝などで高値となる。
慢性肝炎、肝硬変、悪性腫瘍、栄養不足などで低くなる。

 

コレステロールって、よくないと思っていたけど、

ある程度ないといけないらしい・・

コレステロールは肝臓で作られていて、

総コレステロール  CHOL 219を超すと肝臓に何らかの異常があるらしい。

 

私はね、休肝日はなかったので、ずっと飲みっぱなしの状態・・・

年を追うごとにγGTP、CHOL、GOT、GDT、ADL、LDLでも引っかかるようになった。

その挙句には・・・

ある日突然、胃腸に激痛がはしり、救急病院に行った。

翌年も同じ時期に激痛がはしり・・救急病院にいった。

精密検査をしても原因が分からず終い・・

言われたのはストレス性のもの。

 

かなりの暴飲暴食をしていたので、

それとストレスが重なったのが原因かなと・・思っているんだ。

 

その後は食生活に気を使うようになってね、

80キロ近くあった体重は64キロまで減ったんだ。

やはり普段から自分の体のケアはしておかないといけないと思うようになったね。

 

へぇ~  オヤジも人の子だったんだ・・

ところで、ウコンはアルコールと一緒に飲むのはよくないらしい。

肝臓を患っているともちろん駄目!


ウコンの有効成分「クルクミン」とアルコールとの同時摂取で肝炎が悪化するという

論文も発表されている。

 

話しを肝臓に戻して、

肝臓にイイと言われているアミノ酸成分に

オルニチン、アラニン、グルタミンがあるんだけどね、

どんな作用をするのかと言うと、

オルニチン
疲労回復と二日酔いを解消する効果が見込めます。
オルニチンは体内でも作られるものなので、副作用は
ほとんどないとのこと。

アラニン
アラニンは肝機能を強化してくれて、アルコールの分解を促進してくれる。

グルタミン
筋肉を強化したり、筋肉疲労を回復する効果や胃腸の働きをサポートしたりする。
また、アルコールの代謝を促進する効果もある。

 

へぇ~  よく調べたね。

確か、オルニチンてシジミに多く含まれているじゃなかったかな・・

 

そうだね!

オルニチンはしじみにいっぱい含まれているね。

でもね、気をつけなくちゃいけないことがあって、

しじみには鉄分も含まれているんだけど、

肝炎とか、肝臓を患っている人にはこの鉄分がヨクないので、

注意が必要だね。

 

そうなんだ・・

よくおばあちゃんが酒飲みはしじみの味噌汁を飲んだ方がいいって言ってたけど、

人によるんだね!・・しじみがなんでもかんでもイイって訳じゃないんだ!

 

でもさ、しじみをつまみにして一杯やりたくなってきたなぁ~

 



みんでさ・・一杯やっか…

☆しじみのお店を調べてみました☆
ヤマトシジミなら
青森十三湖 しじみ亭奈良屋


寒い時期に美味しい!
琵琶湖特産 セタシジミ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>